原料米にこだわった2本の酒

蔵元から贈る こだわりの日本酒です

幻の酒米「広島錦」を復活させ、精米歩合50%まで磨き、

「協会5号酵母(賀茂鶴酵母)」で醸した純米大吟醸酒

純米酒ならではの旨味とコク
 

「広島錦」 種籾から復活させた「広島錦」は、 昭和初期に広島県で推奨品種とされていた酒米です。
やや小粒なのに酒にすると芳醇な味わいとなる特徴がありますが、背が高く倒れやすいなどの理由から生産されなくなっていました。
賀茂鶴は、その芳醇な味わいを求め、委託農家のご協力のもと「広島錦」を復活させました。

広島県産「山田錦」を精米歩合50%まで磨いた、

香り高くスッキリとした喉越しの大吟醸酒

華やかな香りとキレの良い飲み口
 

「山田錦」 山田錦」は、「酒造好適米」のなかでも、その品質、知名度、作付面積でトップを誇る品種で、「酒造好適米の王様」とも呼ばれています。
「山田錦」の産地となる東広島市高屋町造賀地区は水・日照・昼夜の温度差などの自然条件に恵まれ、古くから稲作が盛んな地域です。

全量広島県産米 自社精米

広島県産の米と自社精米にこだわるのには理由があります。
酒造りは、原料となる米の選定と精米から始まっています。
粒の揃った良質な酒米を使うことができるのは、地元農家の協力があるからこそ。
また精米においては、1898年(明治31年) には日本初の動力精米機を導入。
以来、賀茂鶴では精米へのこだわりを大切にし、すべて自社で磨くことで、より丁寧に米を仕上げています。

西条の水

日本酒の約80%は水です。
おいしい日本酒造りに、良質な水は欠かせません。
賀茂鶴の酒造りには緑豊かな山々から湧き出る、賀茂山系の伏流井水を使っています。
自然の恵みが育む、適度なミネラルを含んだ上質な「軟水」により、口当たりのやさしい柔らかな酒が生まれます。

広島の吟醸造り

軟水は酒造りにあまり適さないとされていましたが、明治時代後期に広島杜氏の祖・三浦仙三郎氏が軟水で良質な酒を造る醸造法を開発。
その愛弟子が賀茂鶴の杜氏となり、賀茂鶴に「軟水醸造法」が伝わりました。
発酵力の強い麹を造り、低温で「もろみ」を管理する広島で誕生した醸造法は、現在の「吟醸造り」のルーツとなりました。
しっかりとした麹造りとゆっくりと「もろみ」管理をするからこそ、美味しいお酒が出来上がります。

賀茂鶴の味わい

賀茂鶴の酒は創醸以来「アマ・カラ・ピン・ウマ」の四拍子揃った味を心掛けています。
歴代の杜氏が醸し続けてきた味を守ることは、ただ同じ味を造り続けることではありません。
受け継がれてきた酒造りの技を今に伝えさらに磨きあげるとともに、いつの時代も、その味を愛してくださるお客様の心に寄り添った酒を目指しています。

晴れの日を彩ります

表示切替:
1件中1件~1件を表示
1件中1件~1件を表示

ページトップへ