キレの良い淡麗辛口の吟醸酒

キレ味抜群の飲み口と辛口の味わい。
淡麗ながらほど良い「旨味」を持った本格辛口吟醸酒。


伝承の技で醸す、賀茂鶴本流の酒

杜氏に引き継がれてきた伝承の技で醸す賀茂鶴本流のお酒です。


賀茂鶴の味わい

賀茂鶴の酒は創醸以来「アマ・カラ・ピン・ウマ」の四拍子揃った味を心掛けています。
歴代の杜氏が醸し続けてきた味を守ることは、ただ同じ味を造り続けることではありません。
受け継がれてきた酒造りの技を今に伝えさらに磨きあげるとともに、いつの時代も、その味を愛してくださるお客様の心に寄り添った酒を目指しています。

吟醸酒のふるさと

「賀茂の地で最高の酒を醸す」という想いを祝賀の象徴である「鶴」にのせ、
明治6年(1873)賀茂鶴は広島県西条に生まれました。
酒造りに最適な気候の西条は、先人の努力もあり、
良質な酒が造られる地として「酒都西条」と呼ばれ兵庫の灘、京都の伏見と並ぶ日本三大銘醸地のひとつと言われています。
今も多くの酒蔵が軒を連ね、冬の朝には澄み切った大気の中、米を蒸す真っ白な蒸気が立ち上がる様子が見られます。

賀茂鶴のこだわり

西条の水

日本酒の約80%は水です。
おいしい日本酒造りに、良質な水は欠かせません。
賀茂鶴の酒造りには緑豊かな山々から湧き出る、賀茂山系の伏流井水を使っています。
自然の恵みが育む、適度なミネラルを含んだ上質な「軟水」により、口当たりのやさしい柔らかな酒が生まれます。

全量広島県産米 自社精米

広島県産の米と自社精米にこだわるのには理由があります。
酒造りは、原料となる米の選定と精米から始まっています。
粒の揃った良質な酒米を使うことができるのは、地元農家の協力があるからこそ。
また精米においては、1898年(明治31年) には日本初の動力精米機を導入。
以来、賀茂鶴では精米へのこだわりを大切にし、すべて自社で磨くことで、より丁寧に米を仕上げています。

広島の吟醸造り

軟水は酒造りにあまり適さないとされていましたが、明治時代後期に広島杜氏の祖・三浦仙三郎氏が軟水で良質な酒を造る醸造法を開発。
その愛弟子が賀茂鶴の杜氏となり、賀茂鶴に「軟水醸造法」が伝わりました。
発酵力の強い麹を造り、低温で「もろみ」を管理する広島で誕生した醸造法は、現在の「吟醸造り」のルーツとなりました。

表示切替:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

ページトップへ