買い物かご

   

酒の中に心あり

「酒中在心|しゅ・ちゅう・ざい・しん」

日本酒の原料は米と水。
だからこそ、素材の持つ個性と造り手の想いが一杯の酒の中に表れると私たちは信じています。

手間を惜しまず良質の米と水を守る人の心。
伝統を受け継ぎ妥協のない酒造りに情熱を注ぐ蔵人の心。
酒を味わいそのひとときを楽しむ人の心。
賀茂鶴で大切に守られてきた言葉を胸に、この広島から、心で醸す酒造りを伝えてまいります。





「酒中在心」を醸す杜氏

二号蔵 杜氏 椋田 茂
1997年賀茂鶴酒造入社。
2013年二号蔵杜氏に就任し同年には日本酒造技術研究連盟にて1位を獲得。
【全国新酒鑑評会通算6回金賞受賞】(2024年4月現在)



クラシカルでかつ現代的な味わい

お客様の心に寄り添った新しい酒を目指しました。
求めたのは「クラシカルでかつ現代的な味わい」です。
「甘からず、辛からず、ピンとしていて、旨口でサエがある酒」が、賀茂鶴の原点です。
「酒中在心」シリーズは、この原点を大切にしつつ、多様なお客様のニーズにお応えするための、新たな挑戦です。
そのため、歴代の杜氏が積み重ねてきた技を大切に引き継ぎながらも、さらなる新しい味わいを求めて、途絶えていた昔ながらの醸造法にも取り組みました。
また、農家の方の協力のもと、栽培の難しさから使われなくなっていた酒米を復活させました。
そして、あえて落ち着きのある香りのクラシカルな酵母も用いることで、個性豊かな4つの純米酒が誕生しました。
ラベルは現代的でポップな題字に、繊細ながらもモダンな色合いの日本の伝統色で彩りました。

これまでの賀茂鶴にない味わいが、皆様の食卓に寄り添い、彩ります。

酒米と使用酵母の違う4つの純米酒

「酒中在心」シリーズの4つのお酒は、すべて酒米が違います。
 「鶯(うぐいす)」純米大吟醸は酒米の王様と言われる「山田錦」を用い、酸が穏やかで、落ち着いたオールドな香りを生み出す協会9号酵母を使用し、まろやかで深みのある香りのお酒を醸しました。
 「橙(だいだい)」純米吟醸は広島県を代表する酒造好適米の一つ「八反35号」を、協会7号酵母を使用して、伝統の「生もと造り」で醸しました。酸のある、冷やで楽しむお酒です。
 「藍(あい)」特別純米酒は芳醇でコクのある味わいにファンも多い酒造好適米「雄町」に、協会10号酵母を使用し、伝統の「生もと造り」で醸しました。常温から上燗まで、温度帯の変化を楽しめる、どっしりとした味わいのお酒です。
 「茜(あかね)」純米酒は、委託農家のご協力のもと弊社が独自に復活させた幻の酒米「広島錦」を、賀茂鶴から生まれた協会5号酵母で醸しました。ふくらみと奥行きがある味わいをお楽しみください。


それぞれ異なる原料米と酵母を用いたのは、「これまでの賀茂鶴にない、賀茂鶴らしくない酒を求めた」と杜氏は言います。賀茂鶴酒造の伝統酒「ゴールド賀茂鶴」や「超特撰特等酒」が大きな幹ならば、「酒中在心」は新芽をつけた枝葉。たくさんの新芽からいずれ大きく育つ枝葉を楽しみながら待つ。「まだ進化は終わらない。酒質の追求も続ける」と意気込む椋田杜氏。「酒中在心」の進化の行き先をぜひ見届けてください。


商品紹介

繊細でキレのある生酛
特別純米酒

旨味と繊細さを持ち合わせた
キレのある落ち着いた味わい


特別純米酒
藍(あい)雄町

720ml

ワイングラスでおいしい
日本酒アワード2024金賞受賞

ほどよい旨味と酸味の
バランスが心地よい純米吟醸


純米吟醸
橙(だいだい) 八反35号

720ml

純米大吟醸 鶯と純米酒 茜は準備中です。しばらくお待ちください。

表示切替:
2件中1件~2件を表示
2件中1件~2件を表示

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

最新情報をいち早く、
お得な情報を配信いたします

公式SNSアカウント

フォローお願いします
情報を発信しています

ページトップへ