国賓にも振舞われた大吟醸

2016年4月、広島で行われたG7外相会談ワーキングディナー、乾杯の酒としてふるまわれた大吟醸酒です。
また、この「双鶴 賀茂鶴」は権威ある国内外の品評会で賞を授賞しております。

全量「山田錦」 全量自家精米 精米歩合32%

日本酒を作るには必ず米を磨く精米という工程があります 雑味のない澄んだ味わいを求め、厳選した酒造好適米「山田錦」を約100時間かけて精米歩合32%まで磨きます。

テロワール 広島県産「山田錦」で醸した大吟醸

全量広島県産「山田錦」を用いて醸した大吟醸です。 産地となる東広島市高屋町造賀地区は、酒蔵のある西条から北へ約10km,標高約350mの高原盆地に位置します。 水・日照・昼夜・夏冬の温度差などの自然条件に恵まれ、古くから稲作が盛んな地域です。 平成元年に「地元の米、地元の水で酒を仕込もう」という呼びかけのもと、地元稲作農家と酒蔵が協力して東広島酒米栽培推進協議会を結成し酒米の栽培が始まりました。 東広島酒米栽培推進協議会は県内他産地との差別化を図るため、「山田錦」単一品種のみの栽培から始め、技術者による遺伝的種子選抜や栽培方法の統一化を行いながら、高品質化を図っています。

高雅な気品 華やかな香味の大吟醸酒

果実のような華やかな香り、ふくよかな味わいが特長の大吟醸酒。
山田錦を100%使用し、時間をかけ精米歩合32%まで磨き、賀茂鶴伝統の技を駆使し、寒中に慈しみ手造りで醸した大吟醸酒です。
香り高く、すっきりした喉ごしの中にもふくよかな味わいがあります。

表示切替:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

ページトップへ