友安総杜氏がおすすめする酒は、燗酒でいただく

特別本醸造 「超特撰特等酒」

友安総杜氏のコメント
私が入社したとき、蔵の諸先輩方が愛していた「超特撰特等酒」。
冷やや常温とは違う、燗ならではの旨みを楽しめるお酒です。
夏でもぬる燗で楽しめる、ほっとする味わいです。

この特別本醸造「超特撰特等酒」は、「燗にして美味しいお酒」として、高い評価をいただいております。
燗にして旨い日本酒を専門家が選ぶ大会「燗酒コンテスト」で、2011年から2013年、3年連続金賞受賞。
2011年には最高位である大賞を受賞しました。 その後も2018年と2019年には2年連続で「プレミアム燗酒部門」金賞に選ばれています。
そして、全国の名店で燗酒として、お取扱いいただいているお酒です。
様々な料理と気軽にあわせて楽しんでいただけるお酒です。




8号蔵 沖永杜氏がおすすめする酒は

大吟醸造りの先駆け、「特製 ゴールド賀茂鶴」

8号蔵 沖永杜氏のコメント
華やかな香りは控えめですが、適度の吟醸香があります。
しっかりした味わいと酸味とのバランスがとれた、スッキリ飲めるお酒に仕上げています。
食材の味を邪魔しない食中酒として、特に白身魚の刺身やお寿司などによく合います。

「賀茂鶴の定番」であるこのお酒は、昭和33年発売の大吟醸酒です。
優雅な香りと芳醇な味わいのこのお酒は、昭和40年頃から銀座の名店として知られる「すきやばし次郎」をはじめ、
様々な飲食店でも愛用されるようになりました。
料理に寄り添うこの大吟醸酒は、冷酒からぬる燗まで幅広い温度帯で楽しめます。




2号蔵 椋田杜氏がおすすめする酒は

大吟醸雫酒「吉祥賀茂鶴」

2号蔵 椋田杜氏のコメント
りんごや洋梨を思わせる華やかな香りのある“プレミアム”大吟醸酒です。
一滴一滴、したたり落ちるお酒を集めた、しずく酒ならではの「雪溶けのように消えてゆく」その味わいは、まさに究極の逸品です。

この大吟醸「吉祥賀茂鶴」は、伝統の技で醸した、袋搾りの大吟醸酒。
雑味のない澄んだ味わいを求め、
広島県産「山田錦」を約100時間かけて精米歩合32%まで磨き醸した大吟醸酒です。




4号蔵 井手杜氏がおすすめする酒は、

伝統の本醸造 「上等酒」

4号蔵 井手杜氏のコメント
お米の旨みがあふれる旨口タイプのお酒です。
温度帯によってお酒の顔が変わります。
冷やしても良し、燗にしても良しのお酒で、旬な食材と組み合せれば、一年を通じてお客様に寄り添えます。「普段飲み」に最適です。

この本醸造「上等酒」は、芳醇辛口。食中酒として最適です。
国内外のコンテストで評価をいただき、国内では『全国燗酒コンテスト』お値打ち燗酒部門で2015年・2018年・2019年と3度金賞を受賞。
2019年には海外の『ロンドン酒チャレンジ』本醸造部門で金賞をいただきました。
冷でも、燗でも美味しくお召し上がりいただけます。

表示切替:
14件中1件~14件を表示
14件中1件~14件を表示

ページトップへ