香り穏やかで旨味のある、食中酒に適した純米吟醸酒

原料に幻の酒米「広島錦」、「協会5号酵母(賀茂鶴酵母)」を用い醸しました。

賀茂鶴酒造発祥の「協会5号酵母」で醸した純米酒

明治時代に酵母がアルコールを造っていることが分かり、日本醸造協会が良質な酒を醸す銘醸蔵の酵母を純粋培養し、全国の酒蔵に配布するようになったのが協会酵母の始まりです。大正10年(1921)に賀茂鶴が全国酒類品評会で4,222点の出点中、1位から3位までを独占。 賀茂鶴酵母の優秀性が認められ、5番目の「協会酵母」として各地の蔵に配布されていきました。

幻の酒米「広島錦」

種籾から復活させた「広島錦」は、 昭和初期に広島県で推奨品種とされていた酒米です。
やや小粒なのに酒にすると芳醇な味わいとなる特徴がありますが、背が高く倒れやすいなどの理由から生産されなくなっていました。
賀茂鶴は、その芳醇な味わいを求め、委託農家のご協力のもと「広島錦」を復活させました。

本数限定

※見学室直売所と賀茂鶴メンバーズ会員様限定販売の商品です

賀茂鶴の味わい

賀茂鶴の酒は創醸以来「アマ・カラ・ピン・ウマ」の四拍子揃った味を心掛けています。
歴代の杜氏が醸し続けてきた味を守ることは、ただ同じ味を造り続けることではありません。
受け継がれてきた酒造りの技を今に伝えさらに磨きあげるとともに、いつの時代も、その味を愛してくださるお客様の心に寄り添った酒を目指しています。

醸した杜氏のご紹介

二号蔵 杜氏 椋田 茂 1997年賀茂鶴酒造入社。
2013年二号蔵杜氏に就任し同年には日本酒造技術研究連盟にて1位を獲得。
【全国新酒鑑評会通算5回金賞受賞】(2020年8月現在)

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ